*エコマラソン最新情報(各大会名をクリックするとページに飛びます)

最新情報

エントリー受付中の大会

割引

eモシコム(moshicom.com)でエコマラソンをフォローすると10パーセント割引クーポンがもらえます。コードfollow4ecoを使ってください。

コードが使えない場合にはお知らせください。メール:ecomarathon@runningintokyo.com

 

大会結果

English Registration

アフターコロナ対策

*お知らせ
エコマラソンでは以下の通りアフターコロナの取り組みとして実施しています。

1)ランナーの皆さんに大会当日の健康チェックを行なっていただきます。

  体調が良くない場合には参加をお控えください。
 
2)以前は給水所でプラスチックのカップを使っていましたが、紙コップを使用します。

3)スナック類は個装されたものを提供します。

ドリンクについてはエコマラソンの趣旨に反しますが衛生面を優先して使い捨てコップを使用します。飲食物の提供についてはフルマラソンのみですが、個装されたものを用意します。

大会当日に警報が発令された場合

*大会当日午前7時の時点で気象庁から何らかの警報(主に暴風警報)が発令されている場合には大会を中止します。その場合エコマラソン公式サイト=ecomarathon.runに7時30分までに退会中止の旨を掲載します(必ずご確認ください)。参加料の返金はありませんが、代わりに次回以降の大会に振替エントリーができます。その場合には必ずメールでお知らせください。

 

VDOT COACHING

VDOT認定コーチによるプロのコーチングを

通じてランニングパフォーマンスアップ!

連絡はこちらをクリック!

https://vdoto2.com/purchase?productId=201330

 

 

寄付のお知らせ

2022年は比較的賑やかな1月でした、寄付活動を続けています:

REI 難民支援団体  https://rij-npo.org/ 50000円+ランナーから直接5000円
2HJ セカンドハーベストジャパンーフードバンク http://2hj.org/ ランナーから直接5000円

 

2021年もコロナウイルスの関係大会が少ないにも関わらず、寄付活動を続けています:

REI 難民支援団体  https://rij-npo.org/ 112000円
2HJ セカンドハーベストジャパンーフードバンク http://2hj.org/ 30000円

YouMeWe: 60000円 https://mirai-no-mori.jp/kiwl-go-go-55-charity-run/

2020年はコロナウイルスの関係大会が少ないにも関わらず、寄付活動を続けています:

REI 難民支援団体  https://rij-npo.org/ 55895円
2HJ セカンドハーベストジャパンーフードバンク http://2hj.org/ 1141$+60000円

YouMeWe: 50000円 https://mirai-no-mori.jp/kiwl-go-go-55-charity-run/

走る前に、ジャパササイズで、準備運動!

エコマラソンのサイトへようこそ!

環境先進国ドイツに学んだ新しいマラソン大会を体験してみませんか?

 

使用電力は太陽光発電が供給、ゼッケン等リサイクル・リユース可能なものは極力リサイクル&リユース、先導車は自転車、収益の一部はチャリティーに、国際交流を生かした持続可能なイベント作りで社会的貢献を目指しています。

 

レースディレクターは、ユルゲン・ヴィットストック。ソウル国立大学と慶應義塾で「持続可能な発展と企業社会的責任」を教えたことがあるドイツ人のウルトラランナーです。

 

他の主なメンバーには、小西雅子。元日本代表,3000m学生記録保持者(858秒)

 

と「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」世界五大陸4万キロを走るアドベンチャーランナー高繁勝彦が含まれています。

 

エコを意識しながら、自然の景色を楽しみながら走りましょう!

 

万が一、中止になった場合…

エコマラソンは災害で中止になった場合参加費の半分を復興支援に生かします。

認定チャリティ:   2hj.jp

(セカンドハーベスト・ジャパン)

EcoMarathon (エコマラソン)

エコマラソンとは?

runningintokyo.com (ecomarathon.run) では2009年より独自のマラソン大会‘”エコマラソン”を運営しております。

 

大会を通して、環境保護や社会的貢献に努めています。

 

大会は東京を中心に埼玉、大阪、広島、京都、熊本にて全国展開し、年間15回開催中。

 

CO2削減のため、大会荷物物販の一部を自転車で搬入。参加者にも公共機関の利用の呼びかけ。

 

参加賞は普段の練習でも使えるリュック、入賞者へはエコバックをプレゼント。

 

太陽光パネルを利用しての計測のシステムを稼働、BGMでの利用。

 

ゼッケンは使い捨てのものではなく、レース後も回収してリサイクルできる素材を利用。

 

完走証は大会当日は配布せず、参加者が大会HPよりダウンロードするシステムを利用

 

エコフレンドリーや社会的な貢献をしているチャリティー団体をサポート。収益の一部を寄付。

 

セカンドハーベストジャパン

 

国際難民支援会

 

瀬戸内海の島等、地域まちおこしも大会を通じてサポート。

 

 

2019年までの活動:http://runningintokyo.com/